そばのいろいろ TOPそば >そばの食べ方

そばの食べ方

ここではそばの正しい食べ方について解説します。

まず、そばは噛まないのが正しいという方もいますが、噛まなければそばのコシがわかりませんので、きちんと噛まなければなりません。
ここで、「そばを噛まない」というのは、そばを噛み落とさないという意味です。
やはり、そばを口にくわえて、途中で噛み切り、セイロなどに落とすのは見た目に良くないです。

また、食べるときに音を立てるのはマナー違反と言われていますが、そばは例外です。
そばを食べる際には空気も同時に吸い込むことで、香りを味わうことができます。
空気を吸って美味しく食べるには、音を立てるのは仕方がないと思います。

それから、そばにはワサビをつけない方が良いという説もあります。
わさびが強すぎてそばの風味を損ねてしまいますので、そば本来の味を楽しみたいのであれば、つゆにもワサビを入れない方が良いとのことです。

では、なぜそばにわさびが付いているのかというと、昔はそばつゆに入れるだしが魚臭かったため、それを消すために使い始めたと言われています。
そのため、そばを食べるためにわさびが付いてくるのではなく、鰹だしの生臭さを消すためにワサビが付いてくると解釈した方が良いでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) そばのいろいろ All Rights Reserved.