そばのいろいろ TOPそば >そば湯を飲む理由

そば湯を飲む理由

おそば屋さんで食事をすると、そば湯を出されることもありますが、みなさんはなぜそば湯を飲むのか、その理由がわかりますか?

そば湯は、そばの茹で汁です。
江戸時代からそばが一般に普及したのですが、その時からそば湯は飲まれていたようです。
近年、そばの人気が高まり、そば湯にもこだわる方も多くなっています。
そのため、そば屋でも、そばの茹で汁だけではなく、さらにそば粉を足して出すこともあるそうです。
そばの茹で汁を飲むだけでも、そば屋の店主の腕を判断できるとのことです。

そばには、ビタミンB1やルチンが含まれていますが、これらの栄養素はそばの茹で汁にたくさん溶けだしているとのことです。
そのため、そば湯は栄養素が豊富であるとのことで、茹で汁を飲む習慣があったようです。
しかし、近年はそばを短時間で茹でる傾向にあるため、そば湯に十分な栄養が溶け出しているかどうか、疑問に思っている方も多いようです。
それでも、そば湯を飲むことで、そばの香りやそばの旨みを楽しめるとのことで、蕎麦湯を好んで飲む方は多くなっています。
なお、そばつゆには塩分がたっぷり含まれているため、塩分を控えめにしたい方は、そばつゆと混ぜずに、そば湯だけを飲むと良いでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) そばのいろいろ All Rights Reserved.