そばのいろいろ TOPそば >なぜ年越しにそばを食べるのか?

なぜ年越しにそばを食べるのか?

大みそかに年越しそばを食べるのは、「そばのように細く長く生きるため」とよく言われています。
しかし、なぜ他の麺類ではなくてそばなのでしょうか?

江戸時代に、そばが普及し、それとともに年越しそばを食べるようになりました。
この年越しにそばを食べるという風習についてはさまざまな説があり、どれが定かであるかはわからないとのことです。
前述の「細く長く」という説とは逆に、関西では、「運を呼んで太く長く」と願いながら、うんどん→うどんを食べる地域もあるとのことです。
また、そばは切れやすいため、その年の苦労を切り捨てる意味で食べるという説もあります。
さらに、そばは風雨でしなだれても、日光に当てるとすぐにピンとなるため、立ち直りを早くと願って食べるという説まであります。

大晦日は一晩中起きていて年神様を迎えることになっています。
年越しそばを食べる時間帯は、特に決まっているわけではなく、夕食に食べても良いし、夜の10~11時頃に食べてもかまいません。
ただし、年を越してから食べるのは縁起が良くないとのことですので、0時前に食べ終わるようにしてください。
年越しそばは、1年を無事に終えることができたということに感謝しながら、いただくようにしましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) そばのいろいろ All Rights Reserved.