そばのいろいろ TOPそば >そば打ちのやり方

そば打ちのやり方

ここではそば打ちの手順について紹介します。
 
まずは、そば粉をふるいにかけてからつなぎの粉としっかり混ぜ、水を加えていきます。水は一度に入れるのではなく、3~4回に分けて加えます。

次に全体重をかけながら生地をこねていきます。
粘り気と空気をしっかり出すようにしながらこねていきます。
生地を少量ずつ取って、小さく丸めたものが、指で思いっきり潰してもひびが入らないくらいになるまで練り続けます。

それから、1つに丸くまとまった生地を両手で包みこむようにして、左手で徐々に記事を回転させていき、生地の真ん中部分を右手の親指で練り、それから、ちょっとだけずらして練り込んでいきます。この作業は空気を抜くためのものです。
この工程で最後には菊の花のよう形になるため、菊もみと呼ばれています。
次に生地の塊を横向きに寝かせ、上から掌で押さえ込むようにしていきます。
そして、また生地をちょっとだけ転がし、飛び出てきた部分を上から抑え込みます。
これを繰り返せば、菊もみの時に出来たしわが消え、円錐状の形に整っていきます。
シワが消えたのであれば、円錐の頂点を下に持って行ってツブシ、円盤状に整えていきます。

そして、打ち粉が振ってあるのし板に生地を乗せ、掌で生地を延ばします。
その後は麺棒を使ってしっかり延ばしていき、厚みを均一に整えます。
延ばした生地が包丁の幅におさまるように畳んでから、生地をまな板の上に置きます。
 
最後に、駒板を用いて、好みの細さに切っていき、そばが完成です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) そばのいろいろ All Rights Reserved.